血管内レーザーや高周波の治療が人気です

脚

仕事や家事などで、長時間の立ち仕事をしている人は、脚の血管がこぶ状になって、浮き出ている状態の下肢静脈瘤に罹ることがあります。見た目の印象が悪いだけでなく、健康面でも悪影響が出てしまうので、専門クリニックを受診することが大事です。下肢静脈瘤は直接命には影響はありませんが、放置をしておくとむくみやだるさなどを感じやすくなります。専門クリニックでは、比較的軽い症状の場合は、弾圧ストッキングによる治療を行います。ハイソックスタイプやストッキングタイプなどがありますが、脚の装着をすることで、病気の進行を遅らせる効果があります。なるべく費用を抑えて体に負担の少ない治療を受けたい人が増えています。血管内レーザー治療や、高周波による治療は、保険適用が受けられます。血管内で治療を行うので、傷跡も残らず、日帰りで治療が受けられます。血管内レーザー治療や高周波の場合は、施術後の痛みが少ないなどのメリットがあります。

完全個室で診察が受けられます

看護師

下肢静脈瘤は男女を問わず、誰でも罹る可能性のある病気です。初期段階では自覚症状が少ないため、家族に指摘されて気付く人もあります。専門クリニックでは、完全個室で診察が受けられるので、最適な治療法を提案してくれます。硬化療法は血管内に専用の薬剤を注入することで、辛い症状を改善する効果があります。事前に局部麻酔をしてくれるので、施術中は痛みを感じることがありません。血管内レーザー治療や高周波治療と同様に、大変ポピュラーな治療法になっています。外科手術に比べると傷跡も残らず、施術後の痛みや違和感も少ないなどのメリットがあります。専門クリニックでは、症状が重い場合は外科手術を行うこともあります。外科手術は多少の傷跡が残りますが、大変有効な治療法のひとつです。下肢静脈瘤は中高年以降の年代に多いイメージがありますが、比較的若い年代の人も罹ることもあります。専門クリニックの医師は、豊富な知識や高い技術を持っているので、なるべく傷跡が目立たないように丁寧に縫合をしてくれます。専門クリニックは、完全予約制の所が多いため、事前に電話やメールなどで予約を入れておくと良いでしょう。弾圧ストッキングは、基本的には保険適用外になっています。症状が軽い場合は、弾圧ストッキングで経過観察をしますが、なかなか改善しない場合は、最適な治療法を提案してくれます。下肢静脈瘤の治療は以前に比べると、体に負担が少なくなっています。

病院外観